Entries

スポンサーサイト

キエフ( Київ )からの便り 8

3月15日(金)。この日は、帰国する日です。パリまでの飛行機の出発時間が早いため、朝3時30分に、ホームステイ先のご主人のワイシャさん、奥さんのニーナさんと別れを惜しんで出発しました。今回で研究調査は終了となりました。今回も、「ゼムリャキ」のスタッフから、もうこれで来なくなるのですかと言われた。もし、日本ヨーガ療法学会から行かせていただけるのでしたら、これからも継続して行かせていただきたいと思います。福...

キエフ( Київ )からの便り7

3月14日(木)は、午前中にキエフ市立第259学校で、ヨーガの指導を行った。神戸の阪内先生が担当されました。この学校は、一昨日、指導したキエフ市立第270学校の隣にあります。チェルノブイリ原発の事故後、このデスニャンスキー地区に何万人もの人が移住させられたため、子供たちを収容しきれなくなったそうです。それで、当初、2部制にして対応していましたが、第259学校に隣接して、第270学校を建設したそうです。最初、なぜ、...

キエフ( Київ )からの便り 6

3月13日(水)。この日は、研究調査と並行して、昼食にウクライナの人たちに日本食をふるまうために、朝から女性陣が奮闘していました。日本から食材を手分けして運び、昨日から現地で食材を仕入れて、なかなか大変が作業でしたが、日本食交流会は大成功でした。とても喜んでいただけました。                    日本食交流会近所のスーパーに買い物に行きました。通訳の五代さんがジュースの棚のところで、...

キエフ( Київ )からの便り 5

3月12日(火)は、研究調査と並行して、キエフ市第270学校で2ラス、昼からキエフ市立第9小児病院でヨーガ療法の指導を行いました。この病院は、子供専門の病院です。感染症部門が2つ。消化器部門が3つ。対象年齢は8才~17才。ベッド数は、200床と小規模な病院ながらキエフ市全域から内視鏡の検査が必要な子供たちを受け入れているとのことです。                  キエフ市立第9小児病院...

キエフ( Київ )からの便り 4

3月11日(月)から、研究調査が始まり、並行して、学校で体育の時間にヨーガ療法の指導を行いました。キエフ市第270学校で、小学5年生、中学1年生、2年生の合同で計48名と、そのあと、今度は小学2年生、4年生、中学1年生の合同で53名にヨーガを指導させていただきました。ウクライナでは、小学1年~4年生までの学校と、小学1年~11年生までの学校とがあります。ここは、通称、「チェルノブイリ学校」と呼ばれています。それは、被...

キエフ( Київ )からの便り 3

3月10日(日)ウクライナのキエフに到着。ウクライナの首都キエフにて、被曝者の精神面のサポート、健康増進、社会的・経済的な支援を目的とする福祉市民団体である「ゼムリャキ」の事務所へ行き、明日からの研究調査の準備と打ち合わせを行う。その後、ホームステイ先に行きました。                 ゼムリャキの外観          ホームステイ先で使わせていただいた私の部屋...

キエフ( Київ )からの便り 2

3月10日(日)現地時間14時20分に、ウクライナ・キエフ・ボリスポル国際空港に到着しました。気温は-3度と寒いです。                              ボリスポル国際空港...

キエフ( Київ )からの便り

3月9日(土)~16日(土)まで、ウクライナのキエフに行きます。チェルノブイリ原発事故の被曝者された方にヨーガ療法指導を行います。今回で8回目となります。           早朝のシャルル・ド・ゴール空港...

第16回日本統合医療学会(IMJ大阪大会)参加

2012年12月8日(土)~9日(日)まで、大阪大学コンベンションセンターにて開催されました、第16回日本統合医療学会に参加してきました。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。